PCが壊れた!データの回収

センチュリー SATA HDD/SSD専用クレードル USB3.0接続 「裸族のお立ち台USB3.0 V2」 CROSU3V2 【日本直営店】 ORICO USB3.0/eSATA接続ポート 2.5インチ/3.5インチ SATA対応 HDDステーション 外付ドライブケース ブラック 6518SUS3

先日使っていたノートPCが壊れちゃいました。

メーカーに聞いたら「部品ないんで、もう直せません」とのこと

うーん、データを回収しときたいなー

というわけで、PC分解してHDD取り出し

新しいマシンにつなぐ…ものがない

これまでは、デスクトップをよく使っていたので、裸族のお立ち台を重宝していました。

お立ち台だと、2.5インチHDDは無理なんですよねー。

そんなときにこいつに出会いました。

これは便利! 3.5インチも2.5インチも対応。USB3.0eSATAに対応

これで楽にデータが吸い出せる!!

糸通し器

Clover デスクスレダー (卓上型糸通し器) ピンク 10-518

え、こんなのあったんですね。 って感じの商品でした。

先日手芸を趣味にしてる友人と話してて、便利グッズを教えてもらいました。

針に糸を通すのは、老若男女難しいですよね。 視力が衰えてきたり、老眼が進んだりすればなおのこと難しくなります。

Clover デスクスレダー (卓上型糸通し器) ピンク 10-518ならワインプッシュで糸が通ります。 感動しました。

時代は進んでいきますね〜

Clover デスクスレダー (卓上型糸通し器) ピンク 10-518

上達してるとは言われども勝てぬ

まだまだテニスのスキルが足りませぬ。

スクールのコーチやたまにテニスをする知人には日に日にうまくなっているよと励まされますが、 やはり試合に勝てないのがどうにも悩ましい。

最近出た試合でどうもメンタルにも問題がありそうな感じがしたので、 試合の時の気の持ち方を考えないといけなさそうです。

体力に関してはこの日差しの中、4~5時間なら難なくこなせるくらいの体力はあるので、 やはりメンタル面が過大なのかもしれません。

強くなりたい!

脱毛対策

プロペシアは脱毛対策によく用いられてますね。 ミノキシジルと合わせるとよりよい効果が出ることが期待されています。

将来のためにためそうかn

技術書

研究者の人が公開してる技術書リストで参考になりそうなものがあったので、メモがてら書いておきます。

Books2Read

最近流行りの深層学習とかデータベースなどの参考図書が並べられてます。

Federer the king

フェデラーの強さには驚かされます。

ウィンブルドンの決勝戦、圧勝でした。

チリッチも多少不幸なことはありましたが、やはりそれも勝負です。

最初の最初はチリッチのサーブに戸惑っており、対応するまでに時間がかかっているようでした。 また、チリッチの執拗なバックへの強打が功を奏しているように見えました。

しかし、フェデラー。 チリッチのセカンドサーブをことごとく叩き込み、チリッチのセカンドサーブを完封。 これはかなりの決め手になったのではないでしょうか。

こうなるとチリッチはファーストサーブを高確率で入れなければならなくなる。 これはかなりのプレッシャーです。 しかも、サーブ後のラリーも強打での攻めが必要になるという、いつミスっても不思議じゃない攻めを要されます。

第二セットの二度目のコートチェンジの際にチリッチの涙は多くの人の印象に残ったことでしょう。 足の痛みもあり、第二セットは思うようにプレーの出来なかったチリッチ。 全力のフェデラーに圧倒されました。

第三セットはチリッチが第一セット序盤の感を取り戻したような好プレーをしますが、フェデラーの方が上手でした。 ひらりひらりと攻めを交わしながら、最後はファーストサーブのようなセカンドサーブで決めてウィンブルドンの優勝を獲得しました。

正直なところ、フェデラーが圧勝することは予想していました。 最近のチリッチは調子が良くなかったような印象でした。 他の大会でも一回戦で破れたりと、あまり良い戦績ではなかったからです。 また、最近のフェデラーの好調ぶりは異常なほどです。 おそらく現状がピークでまだ頂点は見ていないでしょう。

チリッチには是非ここでめげずに、武器のサーブや強力なストロークに磨きをかけて上を目指してほしいですね。

フェデラーはこのままぶっちぎりで伝説になって欲しいですね。 ちなみに、今回のウィンブルドンフェデラーは一セットもブレイクされていないらしいです。

フェデラーの躍進

ウィンブルドンもついに決勝戦のカードが決まりました。

フェデラー vs. チリッチ

やはり今年はフェデラーに注目せざるを得ませんね。

あれで35歳なんて信じられませんね。

スポーツ適齢期を越えてもやはりスポーツは本気で取り組めるんだと、勇気づけられます。

まだまだ、初心者なのでガシガシがんばらねば!