テニス:壁打ち練習いろいろ

http://www.gunma-navi.net/images/park/10205015_04.jpg

壁打ちは一人で練習できるので、練習相手がいない時に便利ですね。

ただ,壁打ちをストロークの練習だけにしておくのはもったいないですよね。 テニスにおけるいろいろなことを壁打ちで練習できるので、試してみましょー!

ストローク

ストローク練習で気をつける点は、壁の狙ったところに当て続けることです。 精度を上げるためにはひたすら繰り返すほかないでしょう。

  • フォアハンドのみで打つ
  • バックハンドのみで打つ
  • フォアハンドとバックハンドを交互に打つ

この時は立ち位置はほとんど変わらないようにできるといいですね。 交互の時は当然多少は動きますが...

スライス

ストロークのメニューをスライスに対しても同様に行います。 特にフォアハンドのスライスはあまり使う機会はないので、壁で練習するといいでしょう。

ストローク & スライス

ストロークとスライスを行ったので、今度はこれらを交互に行います。

  • フォアハンドのみでストロークとスライスを交互に打つ
  • バックハンドのみでストロークとスライスを交互に打つ
アプローチショット

壁打ちでも前にでる練習ができます。

  • 壁の中央高めに軽くボール当てて、クロス方向にアプローチショットを打つ

この時、試合をイメージして前に出ながら打つと良いでしょう。

応用として、クロス方向ではなくストレート方向に打つのもいいでしょう。 その際に、帰ってきたボールをボレーで打ち返すと、ファーストボレーの練習になります。

スマッシュ

壁の手前にボールをスマッシュして、ワンバウンドさせて壁に当てることでロブのようなボールが帰ってくるのでそれをスマッシュで壁の手前に打つことでひたすらスマッシュの練習ができます。

ボレー

ボレーボレーの要領でボレーの練習ができます。 壁から3〜5mほど離れたところで行います。

  • フォアハンドのみでボレーを打つ
  • バックハンドのみでボレーを打つ
  • フォアハンドとバックハンドを二回ずつ交互にボレーを打つ

交互の時は、ストレート・クロス・ストレート・クロスのように打ちます。

ファーストボレー

アプローチショットの時にも練習できると書きましたが、アプローチショットは低い弾道のことが多いのでファーストボレーの練習にはあまり向いていません。 アプローチショットの時はショットが甘くなった場合にのみファーストボレーしましょう。 ファーストボレーの練習は壁から 10m くらいのところから行います。

  • 少し早めのボールを壁にあて、帰ってきたボールをボレーする

これをフォアハンドとバックハンドそれぞれ行う。

ドロップショット

ボレーの練習と同じように壁に近い位置で行います。 ボレートは異なり、バックスピンを強くかけ山なりのボールを壁に当てます。 壁には頂点から落ちてくるところで当たるようにコントロールします。 帰ってきたボールをワンバウンドさせて同じようにバックスピンをかけて返します。 これをフォアハンド、バックハンド、交互の3種類やります。

参考

以下の動画が壁打ちの参考になるので、気になった人は見てみてください。

www.youtube.com

www.youtube.com

テニス関係はこちらに書くことが多いので、よかったら見てください。 ibtennis.mints.ne.jp