テニスメモ:ストロークの打ち方

ストロークの打ち方の原則(初心者向け)を教わったのでメモ。

スイングは後ろから前

右から左じゃないよ、後ろから前だよ。 まずラケットを後ろにグッと引いて下に半月を描くように前に手を送り出すようにスイング。 当然ラケットは下から上に向かって動く。

手首は動かさない

最初に聞いた時はちょっと驚いた。 手首を返さないと回転かからないじゃん、って思ってたので。 ちゃんとガットでボールを捉える。 ガットとボールの向きは必ず垂直。

手で振らない、腰で振る

一生懸命腕を振って当てても飛ばすのが大変。 体の使い方で楽にボールを飛ばせる。 体重をのせるためには体の中心たる腰を柔軟につかう。 腰をぐいっと回して、手がそれについてくるイメージ。

ラケットを持つ手と逆の手をうまく使う

肩の動きは体の旋回に深く関係している。 「腰で振る」を上手くやるために、ラケットを持つ手と逆の手を予め打点付近に向けて伸ばす。 ラケットを振るタイミングに合わせて引くことで肩がグルっとまわる。 この反動を上手く利用すると腰と肩が上手く回って力を入れずにボールを打つことができる。

重心移動は後ろ足から前足に

これが一番むずかしい、と思った。 腰で振る、にさらに力をのせるため体全体を前後に体重移動させる。 ボールを打つ前に後ろ足に体重をのせてラケットをぐっと後ろに引く。 後ろ足だけで立ってる、くらいの気持ちでOK。 そこから後ろ足を蹴りだして前足に体重をのせる。 前足に体重がのるタイミングでボールを打つことで簡単に力強いボールが打てる。

テニス関係はこちらにも書いてます。よかったら見てください。