テニスメモ:ボレーの打ち方

ボレーの打ち方(初心者向け)を教わったのでメモ。

ラケットのグリップはコンチネンタルグリップ

ボレーのグリップはストロークとは違って薄く持ちます。 ボレーはラケットを傾けてうつのでコンチネンタルグリップだと自然にラケット面が斜め上を向きます。 これによってスライス回転が自然にかかるようになります。

腕は固定して動かさない

これが理解するのに時間がかかった。 あくまで基礎の基礎として腕を動かさずにちゃんと面でボールを捉えて、体でボールを運ぶことを覚える。 腕だけでボレーをしようとしても飛ぶ方向や威力が安定しない。

体は半身

ボレーを打つときはボールに対して正対しない。 ストロークと同じようにラケットを持っている腕の肩をぐっと後ろに引く。 これによって体が半身(ボールに対して45度くらい)になる。 ストロークとは異なり、半身から正対に戻す勢いは使わない。 半身の状態で腕を固定して、そのまま体ごと前に体重をのせることでボールを打つ。

動きは後ろから前

体重を前にかけたい。 そのためには、後ろ足に体重を一旦預けてためを作る。 ボールに当たるタイミングで前足に後ろから体重を移す。 この時上下動はほとんどしない。 後ろ足をするようにして前足に近づけるイメージ。

打点は思った以上に後ろ

他人のボレーを見てると打点が体より前に見えないこともないが、それは錯覚。 ボレーの打点は自分の体の真横。 ひねった体を戻さない。 焦って手を前に出さないように注意。 特に練習時はボールが遅いのでつい前に手を出しがちだけどNG。 手だけの力で打つことになってちゃんとしたボレーにならない。

テニス関係はこちらにも書いてます。よかったら見てください。