読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Python: CGIHTTPServer の使い方

CGIをつかってWebアプリを作りたい! CGIHTTPServerは PythonCGIを作ることのできるモジュールです。

どれくらい簡単かというと

python -m CGIHTTPServer

とコマンドを打つだけで実行できます。 これによって実行したディレクトリに8000番ポートをつかってアクセスできます。 (例えば、localhost:8000)

CGIなことをするには上記コマンドを実行したディレクトリ以下にcgi-binディレクトリを作成します。 cgi-binディレクトリ以下にPythonのコードを置くことでCGIとして動作させることができます。

例えば、cgi-bin/test.pyというファイルを以下の内容で作ります。

#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-
print "Content-type: text/html"
print
print "Hello,World!"

「print "Content-type: text/html"」と「print "Hello,World!"」の間の空のprint文を忘れないようにしてください。 ヘッダ部分とボディ部分の境目を表しているので、忘れると何も表示されません。

作ったあとに、パーミッションを設定します。 パーミッションの設定をしないと実行できません。

chmod 755 cgi-bin/test.py

これでCGIを使用できるようになりました! localhost:8000/cgi-bin/test.pyにブラウザからアクセスするとHello World!が表示されます。