テニスメモ:サーブの時のポイント

今日のサーブ練習(初心者向け)の時にもらったアドバイスのメモです。

  • トスは真上に上げる
  • グリップは薄く
  • 振りぬきよりもインパクトの瞬間を大事に
  • インパクト時の面の当て方で球種(フラット、スライス、スピン)を決める
  • 左足側に壁があるイメージで体を回転させない
  • トスを上げた時に、ラケットを足の方から上げるのではなく肘を肩の高さに引き上げるようにする

サーブは未だに安定感がなく課題がいっぱいです。 トスは自宅などで練習できるのでまだ良いですが、サーブのフォームは自分ではなかなか気づかない点が多く修正が大変です...

今回特に安定性を上げるために進められたのが、最後の二項目です。

体が旋回するように回転してしまうと打点が定まらなかったり、力が分散したりするのでサーブが安定しません。 実際、壁のイメージがちゃんと実践できた時は安定していいサーブが打てていました。

今回目からウロコだったのはラケットの持ち上げ方です。 プロ選手の動画(主にフェデラー)を見てサーブは研究していたつもりでしたが、言われてみるまで自分が下からラケットを持ち上げていたことに気づきませんでした。 ラケットのあげ方を変えることでスイングに入るまでの時間が短縮できて、その分打点までのモーションに余裕を持って入ることができます。