テニスメモ:片手バックハンドの基礎

最初に教えてもらった人が片手バックハンドだったことと、あこがれのフェデラー選手が片手バックハンドなので、自分も片手バックハンドでプレーしています。 最近では両手バックハンドの選手が多く活躍していますが... 片手バックハンドの方がかっこいいと思うので、ガンガン片手バックハンドで頑張ります!

今日のストローク練習の時に教わったバックハンドの基礎ポイントのメモです。

  • インパクトの瞬間までが大事、それ以降は蛇足
  • ラケットダウンをしっかりする
  • 手首を固定する
  • 手だけでうたない、体全体の動作で打つ

バックハンドは未だに自在に打てないので苦手意識がつきつつあります。 苦手意識を克服するためにも基礎が大事です。 まずはゆっくり打点を意識してフォームと感覚を養う必要があります。

特に今回できてないと感じられたのは、ラケットダウンと手首の固定、でした。 自分ではあまり気づいていなかったのですが、スイングが下から上ではなく、後ろから前になっていて最後の最後に手首でラケットを上にはねていました。 なので、最後の形だけそれっぽくて打球は全然それっぽくないことになっていました。