読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニスメモ:ストローク

テニスにおいてストロークは最も大事な基本で、これができないと試合になりません。 しかし、ストロークを身に付けるには長い時間がかかると言われています。

ストロークの習得は「三歩進んで二歩下がる」な感じです。 一つができるようになれば別なことができなくなる、そんな感じです。

なので、ここに気づいたことをその都度かくことで記憶に留めるようにしています。 前にも似たような記事を書いています。

gray-crown.hateblo.jp

さて、今日受けたアドバイスと反省点です。

  • 前足を壁のように固定してスイングする。
  • 体が打つ方向に対して正対しないように気をつける。
  • 腕でラケット引かず、肩で引く。

最近は

  • 腰を使ってラケット振る
  • 4スタンス理論の影響で左手を背屈して使う

を意識していたため体が開き気味になっていました。 今まではラケットを肩で引けてて正対することはあまりありませんでした。

今度はこの5つ全てを同時に意識しなくては... 体に染み込ませるのはなかなか大変ですねー。