イスタンブールオープン決勝

若手のシングルバックハンドプレーヤーG. DimitrovがSchwartzmanと対戦しました。

個人的にはシングルバックハンド好きなのでDimitrovに頑張って欲しいところでした。 第一セットは7-6でとって好調そうだったのですが、第二セットから様相が変わってきました。

3-1まで優勢に進めてきたあたりから崩れ始め、第二セット終わってみれば、6-7 でした。 ここからは雪崩のように調子を崩し、ラケットを破壊しまくる暴挙にでるほどでした。 結果は0-6でいいとこなしでした。

プレーが思ったように行かずにイライラすることは良くありますから、気持ちはわかりますが、ラケットを壊すのを見るのは心が痛みます...(´・ω・`)