サーブにおける3つのポイント

最近のテニスでは握りを薄くしたグリップで打つことが多くなりました。 薄いグリップにすることでスピンをかけやすくなります。 それによって意識しなければならないことが幾つかあります。

  1. ベースラインに対して斜めに立つ
  2. 右斜め前(右利き)

これらを達成するために3つ意識することがあります。

  1. 右足(後ろ足)は地面から離さない(ジャンプしない場合)
  2. スイングは頭の後ろから振る
  3. トスは自分の頭上

やっているとかなり違和感がありますが、慣れてくればうまくできるようになります。